アメリカの人形劇&アニメ マペット/Muppet

公開日:  最終更新日:2018/12/27

【マペット】
Muppet

人気 赤ちゃん幼児小学生中高生大人

実写アニメ 日常会話教育的コメディ音楽

Muppet Babies マペット・ベビー
画像出典:Disney Junior YouTube

セサミストリートでも見る人形劇パペットはMuppetマペットと呼ばれるmarionettepuppetからの造語。赤ちゃん・幼児向けから大人向けまで様々な作品がある。1950年代から8シリーズ、400話超。最新シリーズのマペット・ベビーは幼児向き。2018年から52話。ディズニージュニア系。輸入DVDあり。

《マペット/Muppetの特徴》

・1955年から
・アメリカ発
・実写及びアニメ
・1話30分枠中心
・シリーズ通算418話

最新シリーズ Muppet Babies (2018 TV series)

・2018年から
・1話11分(1回23分)
・52話(26回)

参照
マペット wiki
The Muppets wiki

《マペットの歴代テレビシリーズ》

タイトル(放送年)話数(30分枠以外の1話の時間)

・Sam and Friends/サムと友達 (1955年-1961年)86話(1話5分)
・The Muppet Show/マペット・ショー (1976年-1981年)120
・Muppet Babies (1984 TV series/マペット・ベイビーズ (1984年-1990年)107
・Little Muppet Monsters/リトル・マペット・モンスター(1985年)3
・The Jim Henson Hour/ジム・ヘンソン・アワー(1989年)12
・Muppets Tonight/マペット放送局(1996年-1998年)22
(ディズニー権利獲得)
・The Muppets (TV series)/ザ・マペッツ(2015年-2016年)16
・Muppet Babies (2018 TV series) /マペット・ベビー (2018年-)52-(1話11分)

テレビ全シリーズ通算418話。その他、映画が10作ほど。

参照
マペット wiki
The Muppets wiki

Sam and Friends wiki
The Muppet Show wiki
Muppet Babies (1984 TV series) wiki
Little Muppet Monsters wiki
The Jim Henson Hour wiki
Muppets Tonight wiki
The Muppets (TV series) wiki
Muppet Babies (2018 TV series) wiki

《マペット/Muppetをテレビでみる》

ケーブルテレビのディズニージュニアでマペット・ベビーが二か国語放送されています。その時によって放映スケジュールは変わるのでチェックしてみてくださいね。

ディズニージュニア マペット・ベビー

ケーブルテレビ 番組表
ケーブルテレビ ディズニージュニア 番組表

BS,CSなど子ども英語向きの番組をみる方法比較

《マペット/MuppetをYouTubeで観る》

Muppet Babies マペット・ベビー 動画1分
Muppet Babies マペット・ベビー 動画1分

ディズニージュニアのYouTubeチャンネルで動画が公開されています。
ディズニージュニア YouTube muppetを検索

《マペット/MuppetのDVD》

日本のAmazonでは比較的大人向けの映画のマペットが多く、赤ちゃん幼児向きの最新のマペット・ベビーのDVDは現在品切れです。アメリカのAmazonには10ドルほどであります(2018年12月時点)

日本のAmazonで探す

日本のAmazonのプライムビデオでは日本語版が配信されています。
シーズン1はプライム会員特典になっています。(2018年12月時点)

《輸入DVDについて リージョンコード》

輸入盤DVDの再生はリージョンフリーDVDプレーヤーかリージョンコードが合うパソコン、プレステでします。プレーヤーは4千円程度です。リージョンコードは業界の自主規制に過ぎないので、リージョンフリー品は合法です。購入、使用に問題ありません。

パソコンやプレステでだめなら、リージョンフリープレーヤーを買うといいと思います。パソコンはコードの変更回数に制限がある場合があるようです。わからなくて心配な方は最初からプレーヤーを買っても良いでしょう。

詳しくはこちら
輸入DVDとリージョンコード

マペット/Muppetのまとめ

マペットはJim Hensonという方が元の制作者で、1990年に彼が亡くなった後、セサミストリート以外のマペットの権利などがディズニーに購入されています。カエルのカーミットが一番最初で有名なキャラクターなので一度は見たことがあるかもしれません。

セサミストリートやマペット・ベビーは子ども向けですが、マペット全体では大人向けの作品も多いので、幼児に見せるときは確認必須です。

スポンサーリンク


関連記事

    PAGE TOP ↑