世界本の日とセントパトリックデー World Book Day /St Patrick’s Day

公開日:  最終更新日:2018/10/15

とても少ないイギリスの祝日 2018年 Bank Holidays

イギリスはそれぞれが長期休暇は取りますが、全体の祝日が少ないです。イギリスの祝日はBank Holidays、直訳で銀行休日です。2018年のイギリスの祝日を見てみましょう。

United Kingdom Bank Holidays 2018

1月 1日 月 New Year’s Day(新年)
3月30日 金 Good Friday(イースター)
4月 2日 月 Easter Monday※(イースター)
5月 7日 月 May Day(通称 Bank Holiday)
5月28日 月 Late May Bank Holiday(通称 Bank Holiday)
8月27日 月 August Bank Holiday※(通称 Bank Holiday)
12月25日 火 Christmas Day(クリスマス)
12月26日 水 Boxing Day(クリスマス)

※ スコットランド以外

1年で祝日は8日のみです。2018年の日本の土日以外の祝日は13日なので、これと比べると少ないですね。イギリスはいくつかの国の集まりなのでそれぞれの休日もありますが、基本的にロンドンはこれがカレンダーの祝日になります。

スポンサーリンク

イギリスの冬から春のイベント

New Year 新年イベントの後、イギリスは祝日が少ないのですが、イベントは春まで毎月あります。

2月14日 Valentine’s day/バレンタインデー
3月前半 World Book Day/世界本の日
3月17日 St Patrick’s Day/セントパトリックデー
3-4月 Easter/復活祭,イースター
5月 2回Bank Holidays/バンクホリデー(祝日)

Easter/イースター(復活祭)は「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」なのでその年によって変わり、2018年は4月1日です。5月は祝日が2回あり、3,4月はイースター休暇もあります。季節も良くなって祝日も多いので、この時期には旅行に行く人が多いです。

 

バレンタインデーは前回コラムでご紹介しているので、今回は日本ではあまり聞き慣れない世界本の日とセントパトリックデーをご紹介します。

World Book Day /世界本の日

ユネスコの制定でWorld Book Day / 世界本の日(世界図書・著作権デー)という日があります。毎年4月23日です。元々は聖ジョージ(聖ゲオルギウス)という聖人の命日にスペインのカタルーニャ地方で、本を贈る習慣があったことから始まったものです。日本でも4月23日は「子ども読書の日」とされています。

参照
子どもの読書活動の推進に関する法律/子ども読書の日 wiki

World Book Day in UK /イギリスの世界本の日

読書の日かふーんとなりますが、イギリスでは子供に人気の日で、意外と楽しいイベントになっています。この日は本を読むだけでなく、本の登場人物に仮装(costumes)して学校や幼稚園に行くイベントがあるためです。そして、その仮装をした本をみんなに紹介したりします。子供達にとって日本のハロウィンのようなイベントなのです。

 

World Book Day costumes /イギリスの世界本の日の仮装

大きめのスーパーや町のショッピングセンターでは、World Book Dayのための仮装がたくさん売られ、当日は仮装した子供たちがたくさんいます。

イギリスのハロウィンはゾンビなどの仮装ですが、この日は日本のように様々なキャラクターになるため華やかです。スパイダーマンやアイアンマン、バズライトイヤーやスターウォーズ、不思議の国のアリスやプリンセンスなどが人気です。

イギリスの安売りスーパーASDA(アスダ)の世界本の日の仮装の宣伝動画があったのでご紹介します。学校に実際こんな格好で行きますよ。


World Book Day at Asda 動画20秒

こちらはニュース映像です。

Your Photos – World Book Day | This Morning 動画1分半

 

イギリスのWorld Book Dayの日は3月

World Book Day(世界本の日)は世界的には4月23日ですが、イギリスとアイルランドでは毎年3月第一木曜日とされています。2018年は3月1日です。

 

聖ジョージの命日である4月23日がスペインで本の日になったことから世界本の日になりましたが、彼を守護聖人にしているイギリスのイングランドではSt. George’s Day/聖ジョージの日は大切な宗教的お祝いの日です。また、イースターが3月終わりから4月にあり被ることがあるため、本の日を3月初めにずらしているのです。

ゲオルギオスの日(聖ジョージの日) wiki

聖ジョージとイングランドの旗

この聖ジョージの象徴は白地に赤の十字でSt.George’s Crossと言われ、イングランドの旗そしてイギリス国旗の構成要素になっています。スポーツ観戦が好きな人はイングランド代表などで馴染みがある人もいるでしょう。

他にもある守護聖人のお祝いの日

守護聖人というのはイングランド、スコットランドなどの国で決められていて、イギリス全体が休みの祝日ではありませんが、国(地方)によっては休みになります。

St Patrick’s Day/セントパトリックデー

その中でもアイルランドのSt Patrick’s Day セントパトリックデーはちょっとしたお祭りなので知っている人もいるかもしれません。イギリスの北部アイルランドやアイルランドの守護聖人のお祝いで、聖パトリックの命日の3月17日です。2018年は土曜日なので代わりに19日が北部アイルランドのお休みになっています。

Leprechaun/レプラコーンはアイルランドの妖精です。

I’m a Little Leprechaun Song for Kids | St Patrick’s Day Song | The Kiboomers  動画1分半

スポンサーリンク

セントパトリックデーはアメリカのニューヨークで世界一大きいパレードがある

この日は世界中にいるアイリッシュ系の人達のパレードやイベントがありますが、一番大きいのがニューヨークのパレードです。飢饉の時にたくさんのアイルランド人がアメリカに移住しているため、アメリカには3,400万人がアイリッシュ系の移民の子孫と言われ、アイルランドの文化が受け継がれているためです。

こちらはニューヨークのセントパトリックデーのパレードの様子です。アイリッシュ音楽が賑やかですね。

NYC Saint Patrick’s Day Parade New York Daily News 動画2分

アイルランドのナショナルカラーの緑がテーマカラーです。大きなイベントでは、できれば緑のものを身に着けて、近くのアイリッシュパブなどをチェックしてみてくださいね。ドレスコードというのはこうやって楽しむものなのだなと感じられます。

日本のアイルランド系の大きな団体はこちら
日本アイリッシュネットワーク

2018年は3月17日18日に代々木公園でイベントをされる予定です。
アイラブアイルランド

代々木公園のものはとても大きなイベントです。

小学生,中学生,高校生の英語の無料プリント(1月,2月,3月)


画像出典 busy teacher

最後に無料の英語教材サイトbusy teacherから1,2,3月の英語のプリントをご紹介します。

英語圏だと1月は新年か冬がテーマのプリント、2月はバレンタイン、3月はやはりセントパトリックのプリントになるでしょうか。Most popular やrating を参考に選んでみてくださいね。

スマホなどでリンクがスマホ用に飛んだ時は左上の”三”からdesktopを選択し、上のメニューからworksheets→All topics→ 左のメニューからseasonal →希望の月を選択してください。

busy teacher 1月の英語のプリント
busy teacher 2月の英語のプリント
busy teacher 3月の英語のプリント

イギリスの祝日と世界本の日、セントパトリックデーまとめ

今回は少ないイギリスの祝日と聖ジョージに絡んだ世界本の日、そしてアイルランド系のセントパトリックデーをご紹介しました。

イギリスでは子供たちの仮装の日として親しまれている本の日、日本でも仮装イベントをしてみると楽しいかもしれません。また、セントパトリックデーは日本でもイベントがあります。アイリッシュビールを目当てにフェスやパレード、パブに行ってみてはいかがですか。

スポンサーリンク


関連記事

    PAGE TOP ↑