おうち英語おすすめのフレーズ3 天気を話す

公開日:  最終更新日:2018/02/11

世界共通のお天気の話題。話せるバリエーションを増やそう。

《天気を話す》

How’s the weather?
Bit cloudy?
It’s a rainy day today.

Lovely day today.
Really lovely.

毎日の天気の親子英語です。

日本人もお天気の話題はよくしますが、外国人の人とも会話の糸口としてよく話題にします。

天気から感情へ、会話を少し広げられるとさらに良い感じです。

How’s the weather?
ハゥズダウェダ⤵︎
お天気どう?

Weatherの前にはtheがつきます。Howスタートなので疑問文ですが、最後上げません

Bit cloudy?
ックラゥディー?
ちょっと曇ってるかな?

子供の分として回答も入れると子供が回答を覚えられるので、親子英語では質問と回答を一緒に言っていくのがポイントです。

It’s a rainy day today.
ッツァウェィニー デイ トゥデイ
今日は雨だね。

RainはRなのでレインよりもウェインに近くなります。

I need sunshine!
晴れて欲しいわー。なんて入れてもいいでしょう。

Lovely day today.
ヴリーイトゥデイ
今日はいい天気だね。

Really lovely.
レァリーラヴリー
ほんといい天気。

Lovely以外にもNice day,beautiful dayなどバリエーションも入れて親子英語を親も楽しみましょう。

《もっと簡単な言い方》

It’s Raining.
イッツウェィニン
雨が降ってるよー。

ingは現在進行形、今降っているのはraining、雨の日はa rainy day。rainだけはあまり使わないので使いやすい形を覚えたいですね。

《他にもある天気》

sunny ニー 晴れてる

raining ウェィニン 雨が降ってる

snowingゥイン 雪が降ってる

windy ィンディ 風が強い

too hot トゥハッ 暑過ぎ

chilly リー 寒い

Hotはホットでは昔通じなくて疲れた記憶があります。

Hの子音を強調して発音すると近くなります。ッがアメリカ英語寄り、イギリスはハォットに近い感じです。

いかがでしたか?

挨拶と天気は毎日使えるので、バリエーションを増やしながら楽しく使ってみましょう。

天気は簡単ですが、外国人のお友達を作って会話するにも使えるので親も覚えていくのがおすすめです。

おうち英語おすすめフレーズトップに戻る

おうち英語おすすめフレーズトップ

スポンサーリンク


    PAGE TOP ↑