人気アメリカアニメ バービームービー/Barbie movies

公開日:  最終更新日:2018/06/16

【バービームービー】
女の子のアメリカアニメBarbie movies

小学生中高生 アニメプリンセス系

20170714-085227.jpg
画像出典 DVD cover

バービーの映画アニメ。長編がいくつも出ている人気シリーズ。

スポンサーリンク

《バービームービーの特徴》

・イギリス発
・テレビ番組ではなく映画シリーズ
・歌が入る
・たまにミュージカル調
・バレエシーンやダンスが入る
・1時間超の長編
・1話完結
・会話の難易度は一般会話に近い
・ある程度英語力が必要
・女の子またはファンタジー好きな男の子に。
・30話超
・幼児向けに飽きた小学生、中学生向き

《ストリーミングで観る》

VOD(ビデオオンデマンド)、ストリーミングサービスのNetflixネットフリックスでアニメ版のバービーが公開されています。

→ストリーミングサービスについて詳しく
VOD ビデオオンデマンド,ストリーミングで子供英語

《YouTubeで観れるバービームービー》

バービーのくるみ割り人形の紹介CM 30秒

公式サイトは見当たらないのですが、Google検索だとダウンロードサービスに繋がってしまうのでYouTubeで直接検索がおすすめです。‘barbie movies’YouTube検索すると1時間超の1話まるまるが何話も出てきます。無料でかなり楽しめます。英語吹き替えは’English dub’、英語字幕付きは’English sub’をつけます。

またテレビでYouTube番組を見れるようにできます。対応していないテレビでも地デジならFire スティック TVなどで簡単に接続できるようです。

《DVDでバービー 小学生向き子供英語DVDを観る》

YouTubeで観れますが、日本のamazonでもDVDが安く売っています。国内版英語DVDは1枚700円から、輸入版は500円くらいからで種類豊富です。油断するとドイツ語版なども出てくるので気をつけましょう。(2017年12月時点)

(※画像が表示されない場合はブラウザでページを更新してください。)

【日本のAmazonで小学生向き子ども英語DVDを買う】

<国内版>
小学生向き子ども英語DVD バービームービー
プリンセス&ポップスター
英語, 日本語, タイ語, 韓国語
1枚入り76分

<輸入版>
小学生向き子ども英語DVD バービームービー
1枚入り1時間超
マーケットプレイスで新品1,000円くらいから(2017.9時点)

小学生向き子ども英語DVD バービームービー
3枚セット(1枚1時間超)
マーケットプレイスで新品が1,500円くらいから(2017.9時点)

これ以外にもバラ売りなどマーケットプレイスで安いものが出ていたりするので、探してみてくださいね。

19枚セットは日本のAmazonだと2万円と高額だったのでバラで買ってもいいかもしれません。(2017.9時点)
(2017.9時点)

スポンサーリンク

【イギリスのAmazonで小学生向き子ども英語DVDを買う】

小学生向き子ども英語DVD バービームービー
19枚セット25時間

セットの箱は硬い紙製で、すっかりおもちゃになってます。基本的に個別パッケージと箱は値段が高くなるからいらないとも思いますが、箱入りでもこの値段なのはさすがです。YouTubeなどで確認して観るのがわかっているならイギリスのセットが良いでしょう。

イギリスのAmazonには他にもバラでいろんなバービームービーが売っているので探してみてくださいね。

米英のAmazonから直接DVDや英語絵本を買う

米英Amazonでの子ども英語DVDの買い方をこちらで詳しく説明しました。
米英Amazonでの買い方

《輸入DVDについて リージョンコード》

輸入盤DVDの再生はリージョンフリーDVDプレーヤーかリージョンコードが合うパソコン、プレステでします。プレーヤーは4千円くらいで、リージョンコードは業界の自主規制に過ぎないので、リージョンフリー品は合法です。購入、使用に問題ありません。

パソコンやプレステがダメならプレーヤーを買うと良いでしょう。パソコンのリージョンコードは変更回数に制限がある場合があるようです。よくわからなくて心配な場合はフリーのプレーヤーを買っても良いでしょう。

詳しくはこちら
輸入DVDとリージョンコード

【イギリスアニメ バービームービーまとめ】

欧米でのバービー人気とフェアリーなどのティンカーベル人気は日本ではあまり馴染みがありませんが、テレビではないものの、バービーは女の子向けの結構なメジャータイトルです。長めなので小学生、中学生など大きい子向けですが、子供が気に入れば普段の英語教材に取り入れてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク


関連記事

    PAGE TOP ↑