はじめに 安くて効果的な英語を

公開日:  最終更新日:2018/03/05

【簡単にできる子どもの英語】

子どもに英語と言っても、それにかけられる時間や、親の英語力、その子の向き不向きなどそれぞれの環境によって、どの程度まで英語力が伸びるかは違うと思います。

ですが、親子で海外に英語留学しなくても、親の英語力が高くなくても、高い英語教材を買わなくても、赤ちゃんから始めなくても、英語が得意な子にすることはできます。

【子ども英語のやり過ぎによる弊害】

もちろん、英語も日本語もネイティブ、第一言語というバイリンガルになるには大変です。

第一言語を母語でなく英語などにするというのは、欧米では難民や永住する移民などの特殊なケースです。

通常は母語を第一言語にして、英語などの外国語は第二言語として学びます。メインの言葉を母語以外にするとセミリンガルや中途半端な学力になるリスクもあるためです。

第一言語は日本語で英語は第二言語として得意にするのがベストかもしれません。このバイリンガルなら安く、簡単にできて、学力も問題ないと考えられるからです。

ところで、日本にいても英語を得意な子はいて、イギリスに住んでいても英語が苦手な子は多くいます。その違いは一体なんなのでしょう。

《ヨーロッパでの英語テレビ放映》

ヨーロッパ諸国では、英語が第一言語ではない国でもわりと英語を話せる方が多くいます。

そして、そんな国ではテレビでイギリスの番組も普通に流れています。字幕を付けて映画を流したり、ニュースを流したり。ヨーロッパは広いようで狭いのですが、それでも外国の番組がそのままの言語で流れているのは興味深いことです。

そんな英語が身近にある環境がヨーロッパの人の英語の力に繋がっているのかもしれません。

《英語の音の総量が英語力に繋がる》

インターやイギリスの現地校の子はもちろん英語の総量が増えるので英語が得意になっていきます。でも、イギリスでも日本でも、英語で教育する学校に通っていない子の中にも、英語が得意な子がいます。

そういう子は英語の読み書きの勉強より、テレビなどを含めて音の英語に触れる総量が長い傾向にありました。その子が触れた音の英語の総量がその子の英語力に繋がっているのかもしれません。

《英語はお金をかけなくてもできる》

YouTubeやDVD、ケーブルテレビを使えば安くかつ種類も豊富なので、日本にいても観られるテレビ番組はイギリスと変わらないほどです。

《サイト趣旨》

日本で英語教材や英語レッスンの広告が氾濫する中、日本でも子ども英語は安くできることを広めたいと思ったのがこのサイトを作るきっかけです。

日本では高い教材や英会話は儲かるので宣伝が溢れていますが、安くできる英語の方法はあまり広まっていないように見えるのです。

どうしたら安く、効果的に子どもに英語環境を与えられるか。管理人も含め、いろんな方が試されています。アメリカやヨーロッパの事例や、みなさんの経験から、子ども英語をしている、またこれから始めたい方の参考になるようなサイトにしていきたいと思います。

《英語が得意だとその子自身が思えるように》

子どもが、自分は英語が得意だと思えたら、きっとその子は将来、世界を相手に活躍してくれる。そして、巡り巡って日本を豊かにしてくれる。日本市場は成熟し人口は減少傾向ですが、世界経済は年率5%成長しています。子どもの目を世界に向けていけたら、きっと日本の未来も明るく変えていけるでしょう。

以上、最後、壮大になりましたが、

2017年6月から開設した英語のテレビでプチ留学(旧サイト:格安子ども英語ドットコム)をよろしくお願いします。

筆者プロフィール

日本生まれ。中学でアメリカ短期留学、イギリスに駐在経験あり。

お問い合わせはこちらまで。
お問い合わせ

スポンサーリンク


    PAGE TOP ↑