イギリスの小学校の移民の子ども英語学習支援

公開日:  最終更新日:2018/04/11

日本人が子ども英語をするときに、母語が英語のイギリス人やアメリカ人の子の学習方法はあまり参考になりません。でも、移民など母語が英語でない子の学習方法は条件が近いのでとても参考になります。

今回はイギリスでの外国人の子どもの英語学習についてみてみましょう。

イギリスは子ども英語の先進国

イギリスの学校では移民など英語を主言語として話さない子は100万人以上で、全体の15%を超えています。そのため、授業でも英語のネイティブではない外国人の英語学習の対応が課題で、さまざまな取り組みがされています。

その意味でイギリスはアメリカと同じく、子ども英語の先進国です。そんなイギリスの公立学校では外国人の子どもたちに、どのような英語学習の支援をしているのでしょうか。

イギリスの外国人の英語学習支援

今回はイギリス行政の『イギリスの学校による移民の子の言葉の支援』という記事からいくつかのヒントをみていきたいと思います。この記事はイギリス政府の教師調査をもとに行政機関が作成、公開しているレポートで、外国人の英語学習支援事情や具体的な指針がよくわかる内容になっています。

英語を外国語として学ぶ際に役立つ部分を中心に9点抜粋してご紹介したいと思います。カッコ内は筆者のコメントです。

子ども英語にはもちろんですが、日本でも日本語指導が必要な子どもの比率が高くなっていますので、日本語支援にも参考になる面がありそうですよね。後半に記事の抄訳(意訳)を載せましたので、関係者の方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

《イギリスの学校による移民への英語学習支援に学ぶヒント》

1【主言語の維持、向上に努める】

まず、英語のネイティブではない子に、英語教育だからと英語だけにするのは勧められていません。(日本語の勉強をおろそかにすると子どもの理解力に影響して学力が落ちるおそれがあります。)

2【学習は家庭でのサポートが重要】

子どもの活躍には、親の学校教育への理解と家庭でのサポートが決め手となります。学校と親との連携が大切です。(学校任せではなく、学校ではどんな勉強をしていて、家庭ではどんなサポートが必要かよく検討したいですね。)

3【視覚的にアプローチ】

絵や写真など、新しい言語は視覚的なアプローチが効果的です。(学校では絵や写真、動画を多用します。家庭では英語のテレビや絵本も視覚的で効果があるでしょう。)

4【図形化して概念を理解しやすく】

言葉の概念を理解するには表やチャートなどの図形化が役立ちます。(グラフィック オーガナイザー、シンキングツールなどと言われます。チャート化して単語、文の羅列ばかりにならないように気をつけましょう。)

5【見本をみせる】

言葉の口語と文字の両面を意識して、見本をみせましょう。(何かを教える時は見本が大切ですね。英語も文字ばかりに偏らないよう、話しかけやテレビ、読み聞かせなどで見本を示しましょう。)

6【読み書きよりも話すほうを先に】

子どもに英語を書かせる前に話させましょう。プリントはその後、言葉を覚えるために使います。(プリントなどのワークは後です。)

7【ロールプレイなどをする】

寸劇やロールプレイを取り入れて、言葉を覚え、感情を込めて話せるようにしましょう。(言葉が身につきやすくなります。)

8【言葉のサポートはフレーズや文で】

言葉をサポートする時は単語ではなくフレーズや文で行いましょう。(日本語でもそうですが、リンゴを教えたいときに、「リンゴ、リンゴ」などの単語ではなく、「黄色いリンゴだね。」「このリンゴはどんな味かな?」など言葉として意味をなすように話しましょう。)

9【小学校からの重要性】

成果が出ている地区では特に小学校が積極的に移民の子を支援しています。(英語での授業になるので内容が難しくなる前の早いうちからが成果が出やすいのは当然でしょう。とはいえ、語学学習としても中学生からではなく、早いうちから支援するというのは参考になりそうです。)

スポンサーリンク

【イギリスでの外国人の子ども英語学習支援のまとめ】

いかがでしたか。何が必要でどんな順番なのか、子どもの英語をするのに役立ちそうですよね。

子ども英語先進国のイギリスでの学習方法

・英語は学校任せにせず、家庭での学習が大切
・学力に関わるので母語も大事に
・言葉の学習は視覚的に
・プリントなど書き言葉は後回し
・まず話し言葉の英語を

学校で文字ばかり勉強する方法とは違う「学校だけでなく家庭でも、文字だけでなく、目と耳からたくさんの見本を」という英語の学習スタイルが見えてきますね。この学校での学習支援は「外国語学習はテレビから」というヨーロッパやアメリカのスタイルとも合致しています。

アメリカやイギリス、ヨーロッパでは陸続きの外国が多く、外国語の習得が生活に直結するため、効果的な外国語学習が必要とされてきました。日本では欧米ほどの切迫感はありませんが、英語をするなら参考にしていきたいですね。

 

《記事の抄訳、意訳》

以下、日本において家庭で英語学習をしている分には関係のない部分も含みますが、イギリスの学校における移民の子どもたちへの英語教育についてのイギリス行政の記事の抄訳を載せます。

日本での日本語支援が必要な子供たち(移民や帰国子女)の学校教育や、日本での小学校や中学校での英語の授業、日本や外国でインターや現地校に通う方の参考になる面もあるかもしれないので載せておきます。(訳が拙い部分もあるので詳しく知りたい方は原文をご参照ください。)

元記事
How can UK schools support young children learning English

※便宜上、移民、非ネイティヴとしていますが、原文ではEAL(
who speak English as an additional language )英語を主言語として話さない人で、イギリス生まれやイギリス人も含みます。

(以下引用)

『イギリスの学校による(移民など非ネイティヴの)子どもたちへの言葉の支援について』

Caroline Drummond (British council )
2014年10月2日

イギリスの学校がどのように非ネイティヴの子供たちの学習支援をしているか、そしてどんな方法が非ネイティヴの子供たちに授業で必要とされているのか、実践的な方法を示したい。

学校における非ネイティヴの子供たちはイギリスで100万人以上で、全体の15%を超えている。非ネイティヴの背景は難民や経済的な移民など様々で、イギリス生まれも含む。その主言語もポーランド語やパンジャブ語など様々である。

 

非ネイティヴ支援は各自治体で様々で、地元の専門家やコンサルタントに依頼したり、内部に専門家を置いている学校もあれば、何もしていない学校もある。

 

【成功している地区の特徴】

・非ネイティヴによく対応した授業をしている学校、特に小学校がある。
・小学校の先生は英語の文法に詳しく、それが他の科目でも指導に役立っている。
・非ネイティヴの効果的な指導の支援受け入れに積極的。

 

【改善の余地がある地区の特徴】

・非ネイティヴ専門指導者が足りていない。
・指導者が第2言語習得の方法について知識不足。
・学校が非ネイティヴ家庭の支援をしていない。子供の活躍には、親の学校教育への理解と家庭での子供のサポートが決め手となる。

 

【非ネイティヴの生徒がいるクラスでの主な学習指導ポイント】

・新しい言葉の意味がわかるように絵や写真など視覚的なものをもっと使う。
・生徒が頭の中で整理できるように表、チャートなどで図形化する。
・双方向型、協調型の講義、学習方法をさらに活用する。
(一方的な講義だけでなくアンケートを取る、数人で教え合うなど)
・言葉の口語と文字の両方を意識して、見本をみせる。
・短い劇やロールプレイを使って、覚えやすく、感情を込めやすくする。
・生徒をペアか小さいグループにして、特定のテーマを話し合うようにする。(テーマ外は控える。)
・生徒の英語力向上だけでなく、第一言語の維持、向上に努める。
・書くよりも先に生徒が話す機会を作る。その後、プリントは新しい言葉を覚えるために使う。
・言葉をサポートする時は単語ではなくなるべくフレーズや文で行う。

 

英語原文

How can UK schools support young children learning English

By Caroline Drummond
02 October 2014 – 09:42

As we prepare to celebrate World Teachers’ Day on 5 October 2014, the British Council’s Caroline Drummond looks at what schools in the UK are doing to support EAL learners, and gives practical advice on how teachers can best meet their needs in the classroom.

What is the background to EAL learners in the UK?

There are now more than one million learners in UK schools who speak English as an additional language (EAL). This represents a considerable proportion of the school population, well above 15 per cent.

EAL learners come from very diverse backgrounds. Some arrive seeking asylum, while others follow families coming to the UK as economic migrants or for other reasons. EAL learners also include those who were born and raised in the UK speaking a language other than English. The most common first languages spoken by EAL learners include Polish, Punjabi, Urdu, Bengali, Gujarati, Arabic, French, Mandarin Chinese, Portuguese, Spanish and Tamil.

What are the challenges of teaching EAL learners?

Most teachers in primary and secondary schools have EAL learners in their classes. As with other groups of learners, they adapt their lessons to make sure that all learners can get the most out of lessons. They do this by involving learners in activities where the language is challenging but appropriate to their abilities and interests. But as EAL learners in their classes might have various levels of English and little or no prior knowledge or experience of schooling, this can often be difficult to achieve.

Based on theannual survey of Newly Qualified Teachers, teaching EAL students is the area of work newly qualified teachers say they feel least equipped for. All teacher trainees receive training in EAL but some report getting only two hours of training and feeling that they are not fully competent to teach and support these learners. Non-specialist teachers therefore need more training and support to be able to create the best learning environment for EAL learners.

How successfully are schools helping EAL learners in the UK?

Schools and teachers across the UK support EAL learners in a variety of ways. Some schools get the support of experts from their local authority while others employ EAL consultants or have their own EAL specialists. But some schools don’t get expert EAL advice at all. It’s not surprising then that outcomes for EAL learners vary greatly across regions and local areas.

We have done an evaluation of the EAL provision in the UK and identified the following areas of success:

Areas for potential development include the following:
•There is a lack of EAL-qualified professionals in some schools.
•Some teachers might need support to better understand the principles of second-language acquisition and methodology to be able to develop their lessons accordingly.
•We found little evidence of schools supporting parents of EAL learners. Helping them understand how the education system works and how to support their child’s education is crucial to the success of their children.

How can teachers best meet the needs of EAL learners?

Certain principles can help teachers adapt their lessons to the needs of EAL learners. By following these, teachers can help these children reach their educational potential and play a positive part in school life, the community and society as a whole.

The potential among EAL learners for bilingualism is particularly important, as it increases mental ability such as problem-solving, creativity, and memorisation. Bilingualism gives EAL learners a fantastic advantage when looking for a job later on, too. Teachers therefore need to consider the role of learners’ first language and be aware that the acquisition of a new language goes hand-in-hand with cognitive and academic development.

Here are some of the main principles of EAL teaching:
•Use more visuals in the form of pictures, photographs, and so on, to help learners make sense of new information.
•Use graphic organisers such as tables or grids to help learners organise their thinking.
•Develop interactive and collaborative teaching and learning styles and activities.
•Think about the language demands of the curriculum (oral and written) and provide models.
•Use drama and role play to make learning memorable and encourage empathy.
•Get learners to work with partners or in a small groups using the language for a specific purpose rather than out of context.
•Maintain and develop learners’ first language alongside improving their English.
•Provide opportunities to talk before writing and use drills to help learners memorise new language.
•Support language development through key phrases and structures rather than key words.

EAL learners can be an asset to schools and their communities

Aside from the challenges, EAL learners can bring a new dimension to schools. They can share experiences and cultures from other countries and bring an international perspective, helping their peers understand different cultures, people and points of view better. EAL learners also have extra language skills they can share and bring to the school and to the UK. Finally, when lessons are successfully adapted for them, EAL learners achieve well academically, even outperforming their English mother tongue peers in most boroughs of London.

The British Council’s EAL Nexus project aims to help learners who speak English as an Additional Language (EAL) access learning and positively engage in schools, in the community and in society, thus promoting intercultural dialogue and social cohesion. The project works with EAL learners, their parents and families, and their teachers.

スポンサーリンク


関連記事

    PAGE TOP ↑