ストリーミングサービスで子ども英語,VOD ビデオオンデマンド

公開日:  最終更新日:2018/05/16

【ストリーミングサービス VOD ビデオオンデマンドとは】

ストリーミングサービス、ビデオオンデマンドは観たい時に視聴者が観たい番組を観れるサービスです。形はビジネスホテルなどの1,000円払うあの大人向け番組ですが、今はオンラインで様々な会社が大量の作品を持っていて、スマホやタブレット、パソコンなどに番組をダウンロードできたりします。

ストリーミングサービスの会社はたくさんあるので、子ども英語だけでなく全体を見たい方はこちらのサイトを参考にしてみてください。
VOD ビデオンデマンド比較ランキング

スポンサーリンク

 

【BS,ケーブルテレビ付加ストリーミングで子ども英語番組をみる】

単独の契約ではなく、wowow、ケーブルテレビ契約に付ける動画配信サービスもあります。これだと実際に放映スケジュールになくても、無料でストリーミングで観れたりします。
CN カートゥーンネットワーク、ディズニージュニアなどの子ども英語向き番組を契約するなら一緒に検討するのもよいでしょう。

→BS,ケーブルテレビについてはこちらの記事
BS,CSなど子ども英語向きの番組をみる方法比較

【Amazon ビデオ アマゾンのストリーミングで子ども英語】


アマゾンにもプライム会員になると観れるビデオのストリーミングサービスがあります。

日本のAmazonのビデオは基本的に日本語音声です。英語音声は少しずつ増えているようですが、まだ少ないようです。

アメリカのアマゾンビデオ Amazon videoには英語のアニメがたくさんあるのですが、アメリカ国外で利用できません。

既にプライム会員または日本のamazonのヘビーユーザーなら検討してみてもいいでしょう。

Amazon ビデオ

【海外作品に強いストリーミング3社紹介】

BS,ケーブルテレビ付加ではない独立系で子ども英語向けのVODだと、今のところ海外作品の数が多いのはTSUTAYA、NetflixとHuluなのでこの3つを紹介します。

YouTubeだと勝手にみてしまって気になる場合などに、ストリーミングサービスを契約して親が番組を端末にダウンロードしておいて子どもが観れるようにするのもよいでしょう。

 

【TSUTAYA ディスカス TSUTAYA TV】

大人


(画像出典:公式サイトより)

・映画作品が充実。レンタルやダウンロードのオンデマンド、テレビと繋ぐタイプなど様々な形態がある。

・アニメの海外の映画作品も多数はあるが動画配信はほとんどが日本語音声版になっている。

・子ども英語に使うなら、オンデマンドではなくDVDレンタルがメインになる。

・30日間レンタル動画配信が無料、その後、キャンセルまたはオンラインし放題プラン月約1,000円などに変更可能。

・馴染みもあるTSUTAYAを使えるのは安心感はあるが、基本は映画なので普段の子供英語には不向き。大人がテレビに繋いだりレンタルで映画を観るのに最適。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

 

【Netflix ネットフリックス】

幼児 小学生 中高生 大人


(画像出典:公式サイトより)

・海外大手ビデオオンデマンド。海外映画が充実。オリジナル作品にも力を入れている。BBC系のドキュメンタリーもある。

・子ども番組は数が多くないが、オリジナルアニメ作品が多言語で観れる。ペパピグなどメジャー番組も英語音声あり。

他のサービスよりもオリジナルのアニメ作品が英語で観れるNetflixのほうが子ども英語向き

・Netflix はお試し1ヶ月、月額700円から。

大人も観たいドラマや映画があるなら、チャンネルを契約してそのついでに子供の英語教材にするのもあり。

Netflix

 

【Huluフールー】

大人


(画像出典:公式サイトより)

・日テレ系、海外ドラマや日本のアニメはHuluが充実。

子どものアニメは吹き替えが多く英語で観れるものがHuluにはあまりない。

・Huluはお試し2週間、月に約1,000円。

・大人が日本や海外のドラマを観るならおすすめ。大人向けは英語音声、英語字幕もあり。大人向けニュースのBBC world が観れる。自然科学系のディスカバリーチャンネルがある。

Hulu

 

【ストリーミングの多くは大人の英語向け】

他のストリーミングサービスも海外作品は映画、日本語音声が多く、使える子ども向けテレビ番組やアニメはまだ数があまりありません。

大人の英語勉強向け教材として両者比較の記事をまとめている方がいましたので参考にご紹介します。

NetflixとHuluを比較!
英語の勉強に役立つのはどっち?/本気の英会話

子どもだけでなく自分の英語力も上げたい!という場合にはNetflixだけでなく海外ドラマ充実のHuluもよいでしょう。

スポンサーリンク

【子ども英語の向けストリーミングサービスまとめ】

BS,ケーブルテレビ付加

契約のチャンネルによっては海外アニメ多数
BS,ケーブルテレビの契約が必要

Amazonビデオ

海外アニメが少し
基本的に日本語吹き替え
アメリカのAmazonは日本から視聴不可

TSUTAYA

海外の映画アニメ多数
DVDレンタルで英語音声版あり
動画配信は主に吹き替え

Netflix ネットフリックス

オリジナルの短編アニメ作品あり
英語などの音声、字幕あり

Hulu フールー

海外作品は吹き替え中心
大人の英語の海外ドラマ、アニメは充実

 

【子ども英語でのストリーミング/VODの使い方】

ケーブルテレビは安いとはいえ、いくつも契約すると高くなりがちなので、見放題のVODは魅力的ではあります。ただ、英語圏の子ども向け番組は今はまだケーブルテレビのほうが充実しています。

今のところストリーミングは大人の契約のついでに使えるなら、子ども英語にも取り入れるのもありのレベルですが、Netflixに限ればオリジナルアニメ作品があるので、幼児、小学生、中学生の英語にも使えます。

子どもがもしネットフリックスのオリジナル番組で良ければネットフリックスのみ、それで足りなければケーブルテレビとフールー、またはネットフリックスの組み合わせのように実際の子供の好みも確認しながらが良いかもしれません。

子ども英語にはこの他にもYouTube、BS、ケーブルテレビ、輸入DVDなどの方法もあり、番組の選択肢や使いやすさではそちらのほうが上かもしれません。

 

【ストリーミングやYouTubeをテレビで観れるようにする】

近年出ているテレビはスマートテレビというものがあり、紹介したストリーミングやYouTubeを観れます。

「インターネットにつながるテレビ」のパナソニック ビエラのスマートTVアプリ、東芝レグザのみるコレ、ソニー ブラビア、また、ブルーレイ、PlayStation 3、PlayStation 4、Xbox 360、Xbox One、Wii Uなど対応しています。

ただ、2012年以前製造だとYouTubeアプリが入っていても観れなくなったものがあるようです。手持ちのテレビ、ゲーム機を確認してみてくださいね。。(Wi-Fiは必要です。)

【非対応機種はスティック端末で】

自宅のテレビが対応してなくても、ストリーミング対応のスティックで観れるようなります。スティック端末にはChromecast、fire tv stick ,apple tvなどがあります。(要Wi-Fi)

おそらく一番有名なファイヤーテレビ/fire TVは5,000円ほどで、これでNetflixでもHuluでもテレビで観れるようになります。また、FirefoxやSilkというブラウザで、YouTubeも観れます。

また、Googleのクロームキャスト/Chromecastも5,000円ほどです。iphoneやAndroidなどのスマホがリモコンになり、こちらもテレビでNetflix,Hulu,YouTubeなどが観れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chromecast コーラル
価格:4978円(税込、送料無料) (2018/4/20時点)

 

子ども向け英語圏テレビ番組は衛星放送、ケーブルテレビ、ストリーミングサービスでもまだ少ないので、もっと観たい場合にはYouTubeや輸入DVDになります。テレビに繋いでおけばYouTubeの番組もテレビで観れるの便利です。

→BS,ケーブルテレビについてはこちらの記事
BS,CSなど子ども英語向きの番組をみる方法比較

ストリーミングサービスは今後に注目

今は大人の映画、ドラマ用やwowowやケーブルテレビ系などの契約に付加など大人用がメインの市場ですが、伸びているジャンルなので、変化が激しく今後の行方次第ではかなり使えるようになるかもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

    PAGE TOP ↑