幼児,小学生が英語のテレビ,DVD,勉強を嫌がる時の対処法

公開日:  最終更新日:2018/02/11

赤ちゃんは見てくれたけれど2,3歳ごろからは好みも出てきて、嫌がる子も出て来ます。自分の意思が出てきて主張できるようになるのはひとつの成長なのでその意思を尊重します。

また幼児や小学生でも慣れないうちは英語を嫌がったりします。そんな時はどうしたらいいのかをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

子供が英語を嫌がるのは英語がわからないから?

子供が英語を嫌がる…これよく聞ききます。確かに日本語より英語はわからないかもしれません。でも、子供が嫌がっているのは英語ではないかもしれません。

 

知らない言葉でもテレビをみる子供たち

イギリスなどにも、英語がわからない移民の子は多くいます。最初からわからなくても英語のアニメは観ます。ヨーロッパのイギリス以外の国でも英語のアニメは放映されています。どちらも母語は違う言語です。

また旅行でイタリアに行けばイタリア語のアニメを、スペインではスペイン語のアニメを観たりします。小学生くらいまではアニメがそこにあって面白ければ何語でもみるのです。子供の柔軟性はすごいですよね。

でもさすがに観たがるのはアニメだけで、イタリア語のドラマやバラエティなどは嫌がります。

子供が英語を嫌がる場合、英語を嫌がっているのではなくて、つまらない番組を嫌がっている可能性があります。そのCD、その絵本、その番組がその子に合わないのかもしれません。

興味を持つアニメ、番組を探す

レベルが合っていて、興味も合えば英語でもテレビを見たがるので、親は合う番組を探すのが仕事くらいのイメージです。むしろそれくらいしかすることがないかもしれません。

衛星放送やケーブルテレビの2ヶ国語放送で4チャンネルあるので、結構それで観れます。特にCNはザ アニメですが子供がはまる面白いものがあります。

さらに選択肢を増やす

それで足りなくなってきても、英語圏の子供番組は元々かなりの種類があります。その中でも子供英語向きのおすすめの番組はYouTubeや輸入DVDで観れるものが多いです。YouTubeで見せていって興味が合うものを探し、それを再生リストで見せるといい英語教材になります。

YouTubeは見せたくないなら輸入DVDがあります。米英のDVDは日本のDVDより安いので送料を払っても安く、数枚入りなどはさらに時間数も多くなります。月に3,000円分も買っていけばかなりの英語番組が集まってきます。初期投資は4,000円のリージョンフリーDVDプレーヤーくらいです。

テレビやゲームのルールを決める

子供は英語のアニメより面白いゲームがあれば、アニメよりゲームがしたくなります。そこで、ゲームはダメでアニメは英語だけにしてしまうのもひとつの方法ですが、このバランスには各家庭でルールを作るのをおすすめします。

ポイントは日本語のテレビ、英語のアニメ、ゲームなど種類ごとのルールにすることです。

幼稚園から帰宅後夕飯まで、または宿題後の夕飯まではなんでもオッケーのように合計時間のみで決めるとずっとゲーム、ずっと日本語のテレビで英語のアニメなしになったりとバランスが微妙になります。

そのためルールは種類ごとに例えば、

・テレビは日本語のものは30分まで、英語のものは1時間まで、土日はどちらも2倍までオッケー。
・ゲームは30分まで、または友達といる時だけ、土日に少しだけ。

というようにそれぞれ制限を付けると、だらだら長時間する場合よりもその時間を楽しみにしますし、メリハリもつくのでおすすめです。

こうすると英語のテレビを見なくても日本語のテレビ時間やゲームの時間は増えません。もっと面白いゲームがあるから英語のアニメを観ないという選択がなくなります。

「日本語アニメは見ちゃったけど、英語アニメは今日まだ観てないから1時間観れる。今日はこの番組にしよう。」という感じになります。

もちろんルールを守るのと、番組が面白いのが前提です。小学生くらいまでは結構これで行けますよ。

スポンサーリンク


    PAGE TOP ↑