幼児英語教室、小学生英会話に行く前に

公開日:  最終更新日:2018/03/06

【子ども英語といえば子ども英会話、幼児英語教室の人が多い】

スカイプを含め子どもの英会話教室というのもありますよね。日本に住んでいると英語を話す機会が極端に少ないので、英語を話す機会を持てるという面ではとてもいいと思います。

実際、幼児から小学生までの調査で学校外で英語を習っている人のうち、対面の英会話教室が半数近くという結果もあるようです(※)
円グラフ

(※)留学並み,子供に必要な勉強方法は?学校教育と英語の素地力

スポンサーリンク

【幼児英語教室と小学生英会話のメリットとデメリット】

いわゆる外人慣れ英語を使い慣れるという意味ではプラスです。またモチベーション維持にも役立ちます。筆者の子も幼児期に日本で外国人がしている英語教室に週1回通っていました。

でも、例えば週に1回1時間レッスンがあったとして、月に4時間、年に50時間です。

これだけでは時間数が全然足りず、英語が得意にはなりません。英語習得に2,000時間と言われているので、年に50時間だと40年かかるからです。バイリンガルまででなくても、得意にするなら年間300時間くらいの英語環境にしたいところです。

【英会話教室に行く前にインプットを】

20170626-120934.jpg

また、十分に英語を聞いていないうちにいきなり英会話教室に行って、英語は英会話教室だけにするのはおすすめできません。

英会話教室は基本的に《アウトプットの場》です。なので、英会話教室に行く前に、家で親が英語で話しかけたり、英語のアニメを観るなどの《インプットを先に》しておくことをおすすめします。

また、英語が苦手なのに英会話で話すとストレスがかかるだけでなく、中身も薄くなるので同じ1時間の効果でみるととても低くなるでしょう。英会話や英語教室はモチベーション維持に位置付けて、インプットは音の英語をしっかり入れることを意識しましょう。

【子ども英会話や英語教室では学ぶ中身が少ない】

また、幼児期、小学校までの英会話や英語教室で学ぶ内容はとても簡単 です。

そのため、子ども英会話や子ども英語教室で学ぶような内容をまとめ系の英語絵本で学ぶことができます。幼児、小学生の英語教室で習っても、覚える量が少ないと中高生できちんと勉強を始めた子にあっという間に抜かされて大差なくなるレベルです。

英会話レッスンがわりのまとめ系英語絵本
まとめ系英語絵本

 

【幼児英語教室、小学生英会話教室の意義】

英語環境として、英語のアニメを観てるだけでなく、実際に英語で話す機会 とモチベーション維持という意味で英会話には価値があります。

英会話教室以外にも安く英会話できる方法はあるので、いくつかご紹介しています。

ほぼ無料で楽しむ子供英会話 3選
ほぼ無料で楽しむ子供英会話 3選

 

【インプットとアウトプットのバランス】

安く効果的に子ども英語をするには、英語のテレビ番組でたくさんのインプットをするのがおすすめです。

合わせて、親の話しかけや英会話教室や英語のイベントなどでモチベーション維持やアウトプットをするとよいでしょう。

ネイティヴでない日本人の子どもが英語を身につけるとなると、時間数が増やしやすいテレビは効果的です。テレビ番組なら、毎日1時間でも面白い番組はあっという間ですし、地上波テレビやケーブルテレビ、DVDにしても英語教室や英会話、英語の学童より安価です。

外国語のテレビはアメリカやヨーロッパでの言語学習方法としてメジャーです。

さらに詳しくは学校教育と学校外の英語という面からいくつかの記事に渡ってまとめています。子どもの英語教育にどんな方法を取るかはとても大事なので、しっかり検討したいですよね。

スポンサーリンク


関連記事

    PAGE TOP ↑